石川県交通安全協会は、交通事故のない安全で住みよい交通社会の実現を目指しております。

交通マナーアップ運動

 

歩行者を早く見つけて守る運転の推進

 〜前方不注意による歩行者事故の防止〜
 運転中の「脇見や携帯電話等の使用」をやめ、前方をよく見て安全運転を心掛けましょう。
 安全運転5則の推進
 ^汰澗度を守る
 ▲ーブの手前でスピードを落とす
 8鮑硬世任鷲ず安全を確かめる
 ぐ貉停止で横断歩行者の安全を守る
 グ酒運転は絶対にしない

ライトアップいしかわ運動の推進

 〜薄暮時の早めのライト点灯とこまめな切替えの推進〜
 点灯推奨時間
   ●4月〜8月(春・夏季)は午後5時から
   ●9月〜3月(秋・冬季)は午後4時から
    (※雨・雪等の荒天時は、昼間点灯)
 夜間の歩行者等を早期に発見するため、走行用(上向き)ライトの使用を原則とし、こまめにライトを切替えましょう。

スピードダウン1・2・3運動の推進

 交通事故の多くは、スピードの出し過ぎや、ちょっとした油断が原因です。
   ●1割のスピードダウン
   ●2倍の注意力
   ●3分早めの出発
を励行し、ゆとり運転・安全運転に努めましょう。

早めの合図30・3(サンマル・サン)運動の推進

 早めの合図
   ●右左折時は、「30m」手前から
   ●進路変更時は、「3秒」前から
を実践し、ゆとりとゆずりあいの心をもった運転をしましょう。

歩行マナーアップの推進

 歩行者は、右側通行、左右の安全確認、信号や横断ルールを守り、また、歩行中の携帯電話等使用の危険性・迷惑性を自覚し、歩行マナーの向上に努めましょう。

高齢者と子どもの交通事故防止運動

 子どもと高齢の歩行者・電動車いす利用者・自転車利用者、高齢運転者標識(高齢者マーク)を表示した車を見かけたら、その行動に十分注意し、思いやり運転に努めましょう。

反射材用品等の活用推進運動

 各家庭で反射タスキ等を備えつけ、家族の誰もが外出時に活用することが習慣になるように努めましょう。
   >> 詳しくはこちら 反射材

自転車の安全利用運動

自転車安全利用五則の推進

 ー転車は、車道が原則、歩道は例外
 ⊆崙擦郎限Δ鯆鵡
 J眛擦亙盥埃塒ダ茲如⊆崙惨鵑蠅鮟行
 ぐ汰乾襦璽襪鮗蕕
   ○飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
   ○夜間はライトを点灯
   ○交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
 セ劼匹發魯悒襯瓮奪箸鮹緲

TSマークの推進

 自転車安全整備店で、点検・整備(有料)を受けると、そのしるしとしてTSマークが自転車に貼付されます。TSマークには、賠償責任保険と傷害保険の2つがセットになった1年間の付帯保険が付いています。毎年1回は点検・整備を受けてTSマークを更新しましょう。


 3つのメリット
 ‥生 整備
  自転車が道路交通法の基準に適合するよう安全整備士が点検・整備を行います。
 安全利用
  自転車の交通ルールや正しい乗り方など安全利用のアドバイスが受けられます。
 G綵・傷害保険
  自転車を利用中に起きた交通事故に対して賠償・傷害保険が付いています。
   ●賠償責任保険【限度額】5,000万円
   ●傷害保険
    【死亡・重度後遺傷害】一律100万円
    【傷害入院15日以上】一律10万円
   ●被害者見舞金
    【傷害入院15日以上】一律10万円

 このマークがある自転車安全整備店で、点検・整備を受けてTSマークを貼ってもらうと、保険が付帯されます。

後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用運動

 運転者は乗車する全員のシートベルト着用を確認してから車を発進させましょう。
 また、幼児(6歳未満)を乗車させる時は、体格に応じたチャイルドシートを正しく取り付け、着用させましょう。

飲酒運転根絶運動

石川版ハンドルキーパー運動の推進

 車を利用して仲間と飲食店等に行く場合、お酒を飲まない人(ハンドルキーパー)を決め、その人がお酒を飲んだ仲間を自宅や駅に送ったり、タクシーや運転代行を利用させるなどして、仲間同士で飲酒運転を防止しましょう。